*News archive*
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
name : kotarohatch
base in NY and Sapporo.

In 1977 kotaro "HATCH" Hachinohe was born in Sapporo, the capital city of the northern island of Japan. At the age of six HATCH had a fateful encounter with the world of Japanese calligraphy. He was drawn to the simple lines that conveyed powerful messages. When he became nineteen he moved to Kyoto, the capital of traditional Japanese art, and studied Art History at the Kyoto University of Art and Design where he received the Master of Arts in 2004. Although he studied the traditional style and method of calligraphy, the artist has been experimenting with his calligraphy in many forms and has developed a distinctive personal style. HATCH focuses on the lines and points of a kanji character and reemphasizes them in an artistic expression, he has cultivated a calligraphic art form that transcends the boundaries of time and language. HATCH’s words are not only to be appreciated visually, but are also perceived with other senses. He currently draws lines between US and Japan.

Contact:
info@kotarohatch.com


八戸香太郎

現代書道家。1977年札幌生まれ。幼少より「書」を学び始め、そのシンプルな奥深さに魅了される。19歳の時、花園大学書道コース入学と共に活動の場を京都に移す。臨済宗大本山妙心寺母体の大学において伝統的な書法と共に禅の精神について学ぶ。卒業後、京都造形芸術大学大学院に進学。東洋美学と現代書道の可能性について研究する。同時に国内外で作品発表を開始、若手の書家として注目される。大学院修了後、京都・佛教大学講師などを経て渡英、ロンドンと京都を拠点に独自のスタイルを確立する。近年は「言葉との距離」をコンセプトに「言葉と文字のあいだ、文字の線のあいだ、あるいはその気配」を探るプロジェクトを掲げ、空間全体を書で埋め尽くすインスタレーション作品や、漢字を線や点の最小単位まで分解するペインティング作品を発表。また筆先にCCDカメラを設置し「筆の視線」をライブでみせるパフォーマンスを行い、言葉が生まれる瞬間を視覚化させる事に挑戦している。更に「文字と絵のあいだ」をテーマにしたワークショップをボランティアで開催し、子供や漢字文化圏外の人々へ「文字は絵であり、絵は文字になりうる」事を体感する機会を提供している。現在はニューヨークと札幌にスタジオを構え、日々筆を奔らせている。

連絡先:
info@kotarohatch.com