*News archive*
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Season's greetings!!!

My Instagram.


My instagram, daily snaps.
↓↓↓
https://instagram.com/kotarohatch/
Performance, the title is ‘‘Tale of the Heike’’ at Tokyo, Japan. 15th Sep. 2015










《麻生花帆リサイタル2015》

日時:9月15日(火)
   18:30 開場  /  19:00 開演
場所:HAKUJU HALL http://www.hakujuhall.jp/
    東京都渋谷区富ヶ谷1−37−5 7階
    TEL 03−5478−8867
出演:麻生花帆(小鼓・舞) 
   金刺敬大(和太鼓・笛)
   中秀仁(クラリネット)
   中村大史(アコーディオン)
   喜羽美帆(箏)
   中村仁樹(尺八) …他

料金: ¥5,000[全席自由席]
★チケット発売中!!★

チケット予約・問合せ:
游雅オフィス 03−3350−0146 (担当:赤星)
 

企画・構成・演出:麻生花帆
   主催・制作:クリエイトラッド・ジャパン
      協力:公益財団法人音楽鑑賞振興財団
         J.CLIP
         游雅オフィス

My daily snap
My daily snaps are please click below...
↓↓↓
http://kotarohatch.tumblr.com/

Or if you have a instagram account, please check my instagram.
↓↓↓
https://instagram.com/kotarohatch/



 
Summer greeting.
暑中お見舞い申し上げます。Summer greeting to all!


 
Daily snaps.
My daily snaps is here...Please click below.
↓↓↓
Daily snap.
Daily snap tumblr site.
↓↓↓Click ↓↓↓
http://kotarohatch.tumblr.com/







 
Happy New Year 2010


Hi everyone, I would just like to say a very happy new year to you all, I hope that 2010 brings you good fortune and health!!

Best,

Kotaro Hatch
NEWSPAPER in ESPECIAL PARA CLARIN





EN ARTECLASICA
Exquisita muestra de arte japonés
日本アートの洗練された作品展示

Por: Marina Oybin, ESPECIAL PARA CLARIN
文:マリーナ オイビン 訳:コージ ワタナベ

Sexto año de "Meeting Cultures" en Arteclásica, uno de los imperdibles de la feria -auspiciada por Ñ-, que trajo en otras ediciones trabajos de jóvenes artistas del mundo árabe, los países postsoviéticos y Africa Occidental. Ahora, con el auspicio de la Embajada de Japón, llega un exquisito despliegue de arte contemporáneo de la galería Kitai, de Tokio. El espacio es uno de los más visitados: la gente consulta precios (entre 1.000 y 7.000 dólares) y hasta se saca fotos con Hatch Kotaro, artista que presenta inolvidables pinturas y el video "Chase the words". Arteclásica, en el Centro de Exposiciones de Costa Salguero, termina hoy.

今年で第六回目の「ミーティングカルチャー」。ArteClasicaでも注目の企画だ(後援:Revista Ñ。※この新聞の芸術部門が発行する別紙の名前)。これまでアラブや旧ソ連諸国、西アフリカから若手のアーティストが招待された。今回は日本大使館の後援により、東京からギャラリー北井の洗練された現代アートが展示される。ギャラリー北井は人気展示スペースのひとつだ。観客は値段を尋ね(1000ドルから7000ドル)、Hatch Kotaroと写真をとる。Hatch Kotaroは心に残る作品を展示し、"Chase the words"というライブペインティングを披露する。ここCosta Salguero 展示センターでの開催も今日で終わりとなる。


"Seleccionamos obras de diez artistas muy prestigiosos que utilizan el sumi (tinta negra hecha con carboncillos de distintas maderas) para la caligrafía y el dibujo", explica Yasuo Kitai, el joven curador nacido en Osaka. "Proveniente de China, el sumi se introdujo en Japón hace 1500 años cuando se utilizaba el kanji, ideograma chino. La tinta se usaba sólo para escribir, sin embargo Japón fue el primer país que la adoptó también para el dibujo", explica el curador.

「墨を文字・絵画として使う、名声のあるアーティスト10人の作品を選びました。」(墨とは木の煤などから作られた黒い液体)大阪で生まれたギャラリーオーナーの北井氏は説明してくれる。「約1500年前、中国から墨が日本に伝わりました。墨は本来文字を書くためだけに使われていましたが、日本で初めて絵画にも利用されるようになりました」

"Sumi-ism". Así se llama el grupo de artistas que integran la galería. Antes de exponer en nuestro país, lo hizo en Europa y EE. UU. Se exhiben lúdicas pinturas de Taga Yuko, sutiles trabajos de Tsunashima Reiko y Chiba Sogen, obras con bolígrafo y lápiz sobre capas superpuestas de fino papel japonés de Onuki Fumie y un poema antiguo con ideogramas chinos de Koyama Mizuho. Hay más: las pinturas bermellón con ideogramas de Kotaro. Y una perlita: "Ikebana", de Ichikawa Kenji, una serie de objetos hechos con revistas eróticas antiguas que alude a los calvarios femeninos: "El dolor que es capaz de soportar la mujer para mostrarse bella", dice el curador de esos arreglos florales devenidos zapatos puro castigo.

「スミイズム」ーこのギャラリーを代表するアーティストはそう呼ばれる。アルゼンチンで展示する以前には、ヨーロッパや米国でも展示したこともある。Taga Yuko の遊戯的絵画、Tsunashima Reiko や Chiba Sogenの繊細な作品、Onuki Fumie のペンと鉛筆を使い何枚も和紙重ねた作品、Koyama Mizuho の古い中国詩集を元にした作品も展示されている。まだある。墨色に朱色を帯びたHatch Kotaroの印象的な作品。またIchikawa Kenji の「Ikebana」は、女の苦難の連続を思わせるような、古いポルノ雑誌で作られた一連の作品。「女性が自身の美を表現するために耐えうる痛み」。ギャラリーオーナーはそう説明する。

ESPECIAL PARA CLARIN
A special issue [ITCH+HATCH] by Art magazine, art_icle


詳しくはアート雑誌・article10月号の特集ページをご覧下さい←クリック!


『イッチかハッチか』

2009年10月10日(土)〜24日(土) 12:00 ~ 19:00 休廊/日、月、祝
オープニング:2009年10月10日(土)17:00~ 

この展覧会は、通称「イッチ」こと市川健治と、通称「ハッチ」こと八戸香太郎の二人展である。

かつては「岡本太郎記念現代芸術大賞」展に3度の入選を果たし、将来を嘱望されていたイッチこと市川健治。かつては日本の中央書道界の中枢軸に属し、研鑽を重ねて将来を嘱望されていたハッチこと八戸香太郎。
東京の片隅で日夜制作に明け暮れるイッチ。ニューヨークの片隅で日夜筆を運び続けるハッチ。海外では数多くコレクターに所有されているものの、ホームである日本国内では未だ日の出前のイッチの「活け花」シリーズとハッチの「trace K」シリーズ。そんなイッチとハッチが、昨秋、ギャラリー北井で遭遇し、この度の展覧会『イッチかハッチか』で融合する。

This exhibition is jointly held by Kenji Ichikawa, who has a familiar name of “ITCH” and by Kotaro Hachinohe of “HATCH”

Itch − Kenji Ichikawa − has previously been selected three times for the Taro Okamoto Contemporary Art Prize Exhibition, and expected to do great things in the future.

Hatch − Kotaro Hachinohe − previously belonged to the pivotal centre of the Japanese calligraphy world, and along with continued study, his future is one filled also with great expectations. Working day and night on his pieces, in a corner of Tokyo is Itch. Holding his brush day and night in a corner of New York is Hatch.

While Itch’s Ikebana series and Hatch’s trace K series have been acquired by many overseas collectors, they are yet to appear on the horizon in their home ? Japan. The same Itch and Hatch met by coincidence last Autumn at Kitai Gallery and will thus unite for this exhibition ‘Itchka Hatchka’ (Itch or Hatch)..

八戸香太郎
【「trace K」シリーズ】
墨と赤いアクリル等の混合液を用いて、
書の練られた線で「言葉」を揮毫し、その軌道のある部分を作品化。
人それぞれが持つ、微妙に違う「言葉」への距離を具現化した。

1977 札幌生まれ。幼少より「書」を学び始め、そのシンプルな奥深さに魅了される。
19歳の時、花園大学書道コース入学と共に活動の場を京都に移す。
卒業後、京都造形芸術大学大学院に進学。東洋美学と現代書道について研究する。
同時に在学時より国内外で作品発表を開始。若手の書家として注目される。NY在住。

●アートフェア
2005,2006,2008 Lineart (GENT, Belgium)
2006,2007,2008 MiArt(MILANO,FIERA)
2007 ARTEXPO NEW YORK(New York, U.S.A)


市川健治
【「活け花」シリーズ】
日本のアダルト男性誌(古本)をピクセル状に細かく切り取り、
木製ボードやハイヒールにモンタージュを施した作品。
大人の女性の美しさへの追求からインスパイアされた。

1967 長野県生まれ。武蔵野美術大学、大学院修了。東京在住。
●受賞
1990 第11 回日本グラフィック展 特選
1991 第20 回現代日本美術展 入選
1995 APA 日本写真ビエンナーレ_95 APA 賞・文部大臣激励賞
1996 JACA_96 日本ビジュアル・アート展 特別展金賞
1998 1ST CAELUM GALLERY スライドコンペティション 入選(New York)
1999,2004,2006 「岡本太郎記念現代芸術大賞」展入選
●アートフェア
2004,2005,2008,2009 ARTEXPO NEW YORK
2006,2008 MiArt(MILANO, Italy)
2007 SHANGHAI ART FAIR 2007
2008 Lineart(GENT, Belgium)


Kenji Ichikawa
1967 Born in Nagano/ Obtained B.A and M.A from Musashino Art University/ Living in Tokyo [Awards] 1990 Special award at 11th Japanese Graphic exhibition/ 1991 Selected at 20th Contemporary Japanese Art exhibition/ 1995 ’95 APA award and encouragement prize from Minister of Education at APA Japanese Photo Biennale/ 1996 Gold prize at Special exhibition of JACA ’96 Japanese Visual Art exhibition/ 1998 Selected at 1ST CAELUM GALLERY Slide Competition (New York)/ 1999, 2004, 2006 Selected at “Taro Okamoto Contemporary Art Prize Exhibition” [Art fair] 2004, 2005, 2008, 2009 ARTEXPO NEW YORK/ 2006,2008 MiArt (Milano, Italy)/ 2007 SHANGHAI ART FAIR 2007/ 2008 Lineart (Gent, Belgium)

Kotaro Hachinohe
Born in Sapporo in 1977. Has learned “calligraphy" since his childhood and been fascinated with its simplicity and deepness. When he was 19 years old, he joined Hanazono University and started artistic activities at Kyoto. He learned a traditional calligraphy and Zen at a university related to Myoshin-ji of Rinzai Zen Buddhism. After graduation, he went to a graduate school at Kyoto University of Art and Design and did research on Oriental beauty and contemporary calligraphy. At the same time, he started exhibiting his works not only in Japan but in foreign countries while he was a student. Notable calligraphy young artist and living in NY now. [Art fair] 2005, 2006, 2008 Lineart (Gent, Belgium)/ 2006,2007,2008 MiArt (Milano,Fiera)/ 2007 ARTEXPO NEW YORK.


..............................................................................................................................
art_icle  特集掲載ページ
http://www.art_icle.jp/

会場:ギャラリー北井
   東京都北区昭和町1-9-16
   http://www.kitaikikaku.co.jp
tel:03-5692-6552

JR高崎線・宇都宮線、尾久駅(上野/赤羽より1駅)から徒歩3分
都電荒川遊園地駅前より徒歩5分